【ビジネス職・技術職別】実体験をアピール!「責任感」を自己PRする方法

面接の場で求められる自己PR。いざ話そうとすると何を伝えるべきか迷い、うまくいかないこともあるでしょう。特に責任感を持って仕事をしてきたことをアピールしたい場合、退職理由と齟齬のないように話す必要も。上手な責任感のアピール方法を例を交えて紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

自己PRのアピールポイントとして「責任感」を挙げる方は多いでしょう。最後までやりとげる力、自分の言動に責任をもつ人物像は企業側から見ても好ましいものです。

ただし、「責任感」をテーマにしていても効果的にアピールできなくては採用に繋がりません。ここでは「責任感」をアピールするポイントを例文を挙げてまとめました。

 

企業が見ているポイント

企業が「責任感」のエピソードに求めているものは、「仕事を完遂し目標を達成する力があるか」や「誠実な言動ができるか」という点です。与えられた仕事を完遂するのは社会人として当たり前のこと。

「責任感」のエピソードで大切なのは、その過程において目標へ向かって全力で取り組めるかどうかということです。

また、責任感が強いということは、お客様や一緒に仕事をする仲間に対して迷惑をかけたり不誠実な態度をとらないということでもあります。

仕事の内容にかかわらず、言動に責任をもち真摯にベストを尽くせる人材を求める企業は少なくありません。

 

【例文】ビジネス職は誠実な姿勢をアピール

例文

前職の営業の仕事では、お客様からの要望や約束した事柄に対して、
可否を含め、必ず何らかの回答を返してきました。
その際、単にイエス・ノーの返答をするのではなく、期日や成果を明確に、
お客様に納得していただけるフィードバックを心がけました。
売り切りのお付き合いではなく、アフターフォローにおいて追加のサービスや新たな提案を行い
顧客の事業を自社の製品が最大化させるよう努めたことは、高く評価していただけたと自負しております。

お客様からの些細な要望でも解決に向けて取り組み、契約後も責任を持って良い関係を築いたというアピールです。

お客様と向き合う姿勢のほか、数字目標に向けた取り組み方などをアピールしてもいいでしょう。

 

[PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング

【例文】技術職は目標達成に向けた姿勢をアピール

例文

前職でリーダーを務めたプロジェクトにおいては、課題や仕様の精査を行い、
納期内に想定されるトラブルやリスク、チームメンバーのコミュニケーションや士気、不満など、
業務上起こりうる問題の予測を怠らないよう努めました。

さらに、予測しうるトラブルに対して具体的なアプローチを行い、
メンバーがそれぞれの役割を完遂できる環境を整えました。

全体を見渡し、リーダーとして任せるところ、
出るところを見極めてプロジェクトを円滑にゴールまで導いた経験は、大きな自信となっています。

最終的な目標をクリアするためにどのような取り組みを行ったか具体的に述べるエピソードです。

このほか、困難な事態を乗り越えて仕事を完遂したエピソードなども、技術職のアピールには適しています。

 

NGな自己PR例

「責任感」のアピールでNGなのは具体性のないエピソードです。

「責任をもって仕事を完成させました」や「欠勤して仕事に穴を開けることなく」というような、社会人として当たり前のエピソードでは効果的な自己PRにはなりません。

「責任感」というものは他者との関わりの中で生まれるものです。経験や数字を交え、相手との関係やチーム内での役割において、どのように責任感を発揮してどのような結果が生まれたのかを具体的に述べましょう。

 

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

まとめ

社会人として当たり前のことを「責任感」だと主張しても、アピールとして効果はありません。

「責任感」の自己PRで大切なのは、仕事に取り組む姿勢を自分自身の具体的な経験や取り組みのエピソードとともに示すことです。

IT業界でおすすめの転職サイト・エージェントもまとめているので、転職を検討している方はぜひ活用してみてください。

 

自己PRの準備が終わったら次は応募。

目指す業界としてIT業界を視野にいれることも良い選択肢の一つです。IT業界は今後も伸び続ける成長産業であり、ビジネス職であってもエンジニアやデザイナーとコミュニケーションが取れる人材が今後求められます。そのためのスキルとしてプログラミングはこれからより求められるでしょう。

TechAcademyでは、IT業界で活躍したい方向けに無料でプログラミングを学び、転職支援も受けられるTechAcademyキャリアというサービスがあります。

専門知識を効果的に学び、プロのコンサルタントの支援のもと行う転職活動でより自分にあった企業と出会ってみませんか。

IT業界でキャリアアップを目指したい方はぜひTechAcademyキャリアをご覧ください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する