Rubyのchompメソッドで文字列末尾の改行文字を削除する方法【初心者向け】

初心者向けにRubyのchompメソッドの使い方について解説しています。chompメソッドを使うと文字列の末尾から改行コードを取り除くことができます。便利なメソッドなのでぜひ使い方を覚えておきましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Rubyのchompメソッドの使い方(文字列末尾の改行文字を削除する方法)について解説します。

そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

chompメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

chompとは

chompとはStringクラスのメソッドで、文字列の末尾から改行コードを取り除いた文字列を返します。

引数に空文字列””を指定すると、末尾の連続する改行コードを全て取り除きます。

詳細は公式の文書を参照してください。

 

chompの書き方

文字列オブジェクトに対しchompメソッドを呼び出します。

s = "foo bar baz\n"
t = s.chomp

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

サンプルコード

s = "foo bar baz\n"
printf("---%s---\n", s)
s = s.chomp
printf("---%s---\n", s)

 

実行結果

---foo bar baz
---
---foo bar baz---

 

解説

1行目で変数sを定義しました。

変数sに代入した文字列は末尾に改行文字を含んでいます。

2行目で変数sを表示しました。

末尾に改行のあることがわかります。

3行目でchompメソッドを利用して改行文字を削除しています。

4行目で文字列を再度表示しました。

末尾の改行のなくなったことがわかります。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する