Rubyのordメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのordメソッドの使い方について解説しています。これは文字をコードポイントに変換するものです。実際の変換の例で処理の結果を見てみましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Rubyのordメソッドの使い方について解説します。

 
そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

ordメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ordメソッドとは

Rubyのordメソッドとは文字をその文字のコードポイントへ変換するメソッドです。

ここでいうコードポイントとは文字に割り当てられた整数の値です。

 

ordメソッドの使い方

ordメソッドの使い方としては、puts ‘A’.ordのようにしてその文字に割り当てられた整数値を表示することができます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。以下のようにtest.rbにファイルに書いてみましょう。

 

puts 'A'.ord 
puts 'A'.ord + 1
puts ('A'.ord + 1).chr
#=>

65

66

B

 

説明していきます。

最初の puts ‘A’.ordは65と表示されました。’A’という文字のコードポイントは65であるということですね。

次はその’A’という文字のコードポイントである整数値に1を足しました。もちろん結果は65+1ですから66となりますね。

では今度は逆にコードポイントという整数値から文字を表してみましょう。puts (‘A’.ord+1).chrですね。

chrメソッドはordメソッドの逆でコードポイントから文字を返します。結果はBでしたね。

 

筆者プロフィール

学生時代は会計学専攻。塾講師勤務を経て、企業のCFOとして会社経営に携わる。

会社経営から一線を退いた後、インフラエンジニアの妻の勧めでプログラミングを

独学で始め、プログラミングセミナーなど転々としながら、開発案件に携わるようになる。

現在、フリーランスとして活動しながらテックアカデミーのメンターも勤めている。

(筆者: 町田 耕)

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する