icon
icon

Pythonにおけるimread()の利用方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonにおけるimread()の利用方法について現役エンジニアが解説しています。imread()とは、ローカルの画像ファイルをPythonから読み込む際に用いるメソッドです。OpenCVモジュール(ライブラリ)内のメソッドなのでOpenCVをインストールして使ってみましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Pythonにおけるimread()の利用方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonにおけるimread()の利用方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

imread()とは?

imread()とは、ローカルの画像ファイルをPythonファイルから読み込む際に用いるメソッドです。

画像を白黒(グレースケール)に変換したり、機械学習モデルの入力をする場合などに用います。

imread()を使用するためには、ファイルのパスを入力してNumpyのndarrayオブジェクトへの変換が必要です。

 

注意点として、imread()はPythonの組込メソッドではなく、OpenCVという外部のモジュール(ライブラリ)内のメソッドです。

そのため、OpenCVをローカルのPythonで使えるようにする必要があります。

 

imread()の使い方

ローカルのPythonでOpenCVが使えるようにしましょう。

その方法として、pipでインストールする方法とcondaでインストールする方法があります。

ここでは、pipでインストールする方法を紹介します。

pip install opencv-python

このコマンドを実行後に、ローカルで、

pip freeze | grep opencv-python

と実行しましょう。

opencv-pythonのバージョンが表示されればインストール成功です。

 

imread()メソッドの使い方は以下のようになります。

cv2.imread(filename[,flag])

第一引数はファイルのパス、第二引数は0, 1, -1のどれかを取り、-1の場合RGBA、0の場合RGB、1の場合グレースケールで読み込まれます。そして、返り値としてNumpyのndarrayオブジェクトが返ってきます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

imread()を利用して画像を読み込んでみよう

それでは実際にimread()メソッドを実行し、その結果を見てみましょう。

画像ファイルについては、自身のものもしくは、フリー画像などをネットからダウンロードしておきましょう。

画像はimread()するPythonのファイルと同じディレクトリに配置しておきます。

ここでは例として、以下の画像(image.jpgとして保存)を用います。

(参考: pexels.com/photo)

Pythonでimread関数を使って読み込むためのサンプル画像

早速読み込んで見ましょう。

import cv2

image = cv2.imread('image.jpg', 0)
print(type(image))
# <class 'numpy.ndarray'>
print(image.shape)
# (3560, 5360, 3)

OpenCVはcv2というライブラリ名として呼び出します。

 

出力の結果から、画像はndarray型に変換され、縦3560ピクセル、横5360ピクセルのRGBの画像であることがわかります。

画像分野の機械学習では非常によく用いられる方法であるため、この際に覚えておきましょう。

執筆してくれたメンター

菊田俊平(きくたしゅんぺい)

AIリサーチャー・AIエンジニア。

大学での研究と、スタートアップ企業でAIの開発を行う。推薦システム、動画の分類API、データプロダクトの開発経験あり。

 

大石ゆかり

Pythonにおけるimread()の利用方法がよくわかったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する