icon
icon

Pythonを利用したLINE Botの作り方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonを利用したLINEのBotの作り方について解説しています。Bot(ボット)とは機械による自動発言プログラミングのことです。ブログに投稿したらTwitterにも投稿されるというようなプログラムが有名です。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Pythonを利用したLINEのBotの作り方について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

LINEのBotの作り方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

LINEのBotの作り方

LINEとの連携のためにline-bot-sdk-pythonを使います。LINE Massaging APIを利用するために事前準備が必要です。詳細は公式の文書を参照してください。

 

環境

この記事では以下の環境を使用しました。

  • Amazon EC2 インスタンス: インターネットに公開されたWebサーバが必要なため
  • Fastly: HTTPS通信をHTTP通信に変換するため(*)
1時間でできる無料体験!

(*)作成するプログラムはHTTPの通信を受け付けます。

一方で、LINE Messaging APIのWebhookを利用しますが、仕様上HTTPSでの通信のみ対応しています。よって以下の構成とすることで、HTTPS通信をHTTPに変換しました。

  • LINE Messaging API → Fastly → EC2インスタンス

(注)この構成ではFastlyとEC2インスタンスの間の通信が平文になります。通信内容が保護されないため、試験や動作確認目的でのみ用いるべきです。重要なデータをやりとりしてはいけません。

 

手順

  1. Amazon EC2インスタンスを作成しました
  2. プログラムはTCP 8000ポートで接続を受け付けます
  3. セキュリティグループの設定でTCP 8000ポートへの通信を許可しておきます
  4. 以下のコマンドでline-bot-sdk-pythonをインストールしました

 

pip install line-bot-sdk

FastlyでCDNを設定しました。LINE Messaging APIを受け付けるフロントエンドと、転送先のバックエンドのURLはそれぞれ以下のような形式になります。

 

フロントエンド

https://<自分で設定する>.freetls.fastly.net/callback

 

バックエンド

https://<上で作成したインスタンス依存>.compute.amazonaws.com/callback

LINE Developersコンソールで、チャネルを作成しました。以下の設定を記録、変更しました。

  • Channel Secret: 後のプロセスで必要になります
  • アクセストークン: 後のプロセスで必要になります
  • Webhook URL: 上記のフロントエンドURLを設定しました
  • 自動応答メッセージ: 「利用しない」に設定しました

以下のコマンドで、環境変数を設定しました。

export LINE_CHANNEL_SECRET=<上記で控えたChannel Secret>
export LINE_CHANNEL_ACCESS_TOKEN=<上記で控えたアクセストークン>

 

line-bot-sdk-pythonに付属しているサンプルコードを実行しました。

python app.py

LINEで友達に追加し、メッセージを送信しました。下の画像のように、送信したメッセージがそのまま返信されてくる(echo)ことを確認できました。

PythonによるLine Botプログラミング

なお、プログラムを実行しているコンソールでも、以下のようなログが表示されます。

 

(line_bot) [ec2-user@ip-10-0-0-123 line_bot]$ python app.py
157.52.91.50 - - [26/Mar/2019 23:42:46] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.44 - - [26/Mar/2019 23:43:00] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.41 - - [26/Mar/2019 23:59:35] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.23 - - [26/Mar/2019 23:59:40] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.50 - - [27/Mar/2019 00:00:00] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
43.249.72.33 - - [27/Mar/2019 00:00:34] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2

 

サンプルコード

  • 上記でも紹介した、送信したメッセージをそのまま返信する
  • プログラム同上、WebアプリケーションフレームワークのFlaskを使用し、簡潔にしたプログラム

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学で学習していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、マンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう カウンセラーやエンジニア・デザイナー があなたの相談に真摯に向き合います。

「自分に合っているか診断してほしい」
「漠然としているが話を聞いてみたい」

こんなささいな悩みでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する