icon
icon

JavaScriptで乱数を取得する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにJavaScriptで乱数を取得する方法について現役エンジニアが解説しています。乱数とは、サイコロの目のような規則性のない数値のことです。そして、乱数を取得するにはMath.random関数を、サンプルにして乱数を解説します。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

JavaScriptで乱数を取得する方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使って初心者向けに解説します。

 

JavaScriptについてそもそもよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのか解説した記事をみてみましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプJavaScript/jQuery講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

JavaScriptで乱数を取得する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

1時間でできる無料体験!

 

乱数とは

乱数とは、規則性のない数値のことを意味します。

乱数の具体的な例として、サイコロを振った目が代表的です。

サイコロを振った目は、規則性がなく1から6までの数値がランダムで現れます。

しかし、一般的なコンピューターでは真の乱数は生成できません。

これはコンピューターは再現性のある計算の積み重ねであるプログラムで動作しているためです。

 

そのため、乱数をコンピューターで生成する場合には、何らかの値をもとに計算した「擬似乱数」と呼ばれる値で代替しなければなりません。

また、その「何らかの値」のことをシードと呼びます。

プログラミング言語によってはシードを指定することで、再現性のある乱数を生成することができるものもあります。

 

[PR] フロントエンドで副業する学習方法を動画で公開中

乱数を取得する方法

JavaScriptで乱数を取得するにはMath.random()関数を使用しましょう。

Math.random()は0以上1未満の範囲で浮動小数点の擬似乱数を生成します。

なお、Math.random()ではシードは指定できないため、下記のように記述します。

Math.random()

 

 

実際に取得してみよう

今回のサンプルプログラムでは、Math.random()関数の使い方を確認します。

実行はChromeブラウザーのデベロッパーツールで行いましょう。

const val1 = Math.random();
 console.log(val1);

実行結果は以下のとおりです。

値は環境により異なります。

0.36205039443238896

 

乱数の配列を作成するには繰り返し構文を使用しましょう。

let array = []
for (let i=0; i<10; i++) {
  array.push(Math.random());
}
console.log(array);

実行結果は以下のとおりです。

[0.6090903924181303, 0.61831182032499, ...(略)]

整数の乱数を取得するには Math.floor() 関数を組み合わせて使用します。

 

例えば1から6までの乱数を生成するには以下のように記述しましょう。

let array = []
for (let i=0; i<10; i++) {
  array.push(Math.floor(Math.random() * 6) + 1);
}
console.log(array);

実行結果は以下のとおりです。

[4, 5, 1, 2, 5, 5, 1, 6, 3, 2]

 

コラム

コスパとタイパ、両方結果的に良くなる良くなる学び方とは?

「スクールは高いし時間も縛られて効率が悪い」と考える方は多いと思います。
もちろん、時間も費用もかかることは間違いありません。
ただ 結果的に無駄な学びにお金も時間もかける方がリスクが高いという考えもあります。

コスパ・タイパ最適化の参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困ったときに、質問や相談できる相手がいるため挫折しなかった
  • ・プロとして必要なスキルのみを深く学べたので無駄がなかった
  • ・副業案件の提供と納品までのサポートがあったので目的を達成できた

安価・短期間で広く浅く学んでも意味がありません。 本当に自分の目的が達成できるか、それが重要です。
自分にどのスキルや学び方が合っているか、どんな学習方法かなど、お気軽に 無料相談 に参加してみませんか?

カウンセラー・現役のプロへ、何でも気軽に無料相談可能。 30分か60分お好きな時間が選べて、かつ3回まで すべて無料で ご利用できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

まとめ

今回の記事ではJavaScriptで乱数を取得する方法を学習しました。

Math.random()関数を使用して乱数の取得方法をマスターしていきましょう。

 

執筆してくれたメンター

太田和樹(おおたかずき)

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。

守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント。

地方在住。

仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。

通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

JavaScriptで乱数を取得する方法がよく分かったので良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃん、これからも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス公開を習得できるオンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学で学習していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、マンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう カウンセラーやエンジニア・デザイナー があなたの相談に真摯に向き合います。

「自分に合っているか診断してほしい」
「漠然としているが話を聞いてみたい」

こんなささいな悩みでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する