Rubyでdatetimeをrequireする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyでdatetimeをrequireする方法について現役エンジニアが解説しています。requireメソッドとは外部ファイルや拡張ライブラリーを読み込むメソッドです。requireを使いDateクラスを読み込むことでサブクラスであるdatetimeクラスを読み込むことが出来ます。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Rubyでdatetimeをrequireする方法について、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Ruby講座の内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyでdatetimeをrequireする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

requireとは

requireメソッドは外部ファイルや拡張ライブラリーを読み込むメソッドです。外部ファイルや拡張ライブラリーの機能を使いたいときに使用します。

datetimeをrequireする方法

DateTimeクラスはDateクラスのサブクラスです。拡張クラスのDateクラスを読み込むことでDateTimeクラスも読み込まれます。以下の形式でrequireします。

require "date"

「require “datetime”」とするとエラーになるので注意しましょう。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

require "date"
dt = DateTime.new(2012,3,4,5,6,7)
puts dt.strftime("%Y/%m/%d %H:%M:%S") #=> 2012/03/04 05:06:07
# それぞれ datetime オブジェクトの年月日 時分秒を示します。
puts dt.year #=> 2012
puts dt.month #=> 3
puts dt.day #=> 4
puts dt.hour #=> 5
puts dt.min #=> 6
puts dt.sec #=> 7
# Date クラスの便利メソッドもそのまま使えます。
# 日数を足し引きすることができます。
puts dt - 3 #=> 2012-03-01T05:06:07+00:00
puts dt + 3 #=> 2012-03-07T05:06:07+00:00
# それぞれ翌年翌月翌日を示します。
puts dt.next_year #=> 2013-03-04T05:06:07+00:00
puts dt.next_month #=> 2012-04-04T05:06:07+00:00
puts dt.next_day #=> 2012-03-05T05:06:07+00:00
# それぞれ昨年昨月昨日を示します。
puts dt.prev_year #=> 2011-03-04T05:06:07+00:00
puts dt.prev_month #=> 2012-02-04T05:06:07+00:00
puts dt.prev_day #=> 2012-03-03T05:06:07+00:00
__END__

 

実行結果

#=>
2012/03/04 05:06:07
2012
3
4
5
6
7
2012-03-01T05:06:07+00:00
2012-03-07T05:06:07+00:00
2013-03-04T05:06:07+00:00
2012-04-04T05:06:07+00:00
2012-03-05T05:06:07+00:00
2011-03-04T05:06:07+00:00
2012-02-04T05:06:07+00:00
2012-03-03T05:06:07+00:00

 

まとめ

まとめてみしょう。

  • DateTimeクラスはDateクラスのサブクラス
  • 拡張ライブラリー”date”を読み込めばDateTimeクラスも使えるようになる
  • Dateクラスの便利メソッドもそのまま使える
1時間でできる無料体験!

どんどん活用していきましょう。

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料相談 に参加してみませんか?

現役エンジニア・デザイナーに何でも気軽に相談できる30分すべて無料で できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

筆者プロフィール

メンター古川さん

Rubyが得意で、Webエンジニアとして最上流から最下流までセルフスターターとして活躍してきました。

近年セミリタイアし、フリーランスとして適度に働きながら穏やかな生活を楽しでいます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは、初心者でも、Ruby on Railsを使ったプログラミングを習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する