icon
icon

Pythonのqueueとdequeの違いを現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonのqueueとdequeの違いについて現役エンジニアが解説しています。queueとは最初に格納されたデータが最初に出力され同時に削除されるデータ構造です。dequeとは、両サイドからデータを挿入することも取り出すこともできるデータ構造のことです。違いや使い所について解説します。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Pythonのqueueとdequeの違いについて、TechAcademyのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して、初心者向けに解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプ、Python講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonのqueueとdequeの違いについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

この記事ではPythonのqueueとdequeの違いについて解説します。

queueとは

queueとはFIFOキューと言われるもので最初に格納されたデータが最初に出力され、出力されると同時に削除されます。PythonではQueueモジュールを用いることで使うことができます。

基本的なFIFOキューの書き方は以下の通りです。

import queue

q = queue.Queue()
# データの挿入
q.put(データ)
# データの取り出し
q.get()

putを使うことでqueueの中にデータを挿入することができます。投入したいデータを引数として設定します。queueに挿入したデータはgetを使うことで取り出すことができます。引数は設定せず呼び出すことで先頭のデータを戻り値として返します。

dequeとは

dequeとはdouble-ended queueの省略形のことで両端キューともいわれます。名前の通り両サイドからデータを挿入することも取り出すこともできます。

Pythonではcollectionsモジュールを用いることで使うことができます。基本的なdequeの書き方は以下の通りです。

from collections import deque

dq = deque()
# 後ろへデータを挿入
dq.append(データ)
# 前へデータを挿入
dq.appendleft(データ)

# 後ろのデータの取り出し
dq.pop()
# 前のデータを取り出し
dq.popleft()

appendで今あるデータの後ろにデータを挿入することができます。それだけではなくappendeleftを使うことで今あるデータの前にデータを挿入することができます。

またpopを使うことで一番後ろのデータを取り出せます。それだけではなくpopleftを使うことで一番前にあるデータを取り出すことができます。

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

queueとdequeの比較と使い分け

queueとdequeの違いは一方からしか挿入、出力できないのがqueueで両方から挿入も出力もできるのがdequeです。

使い分けとしてはマルチスレッド処理を実施するときはスレッドセーフ設計で作られているqueueを使う方がいいです。シングルスレッドの場合はどちらも使えますがdequeの方が処理スピードが早いためdequeを使った方がいいです。

以上の使い分けで使用することがお勧めです。

まとめ

この記事ではPythonでqueueとdequeの違いと使い分けについて解説しました。

コラム

コスパとタイパ、両方結果的に良くなる良くなる学び方とは?

「スクールは高いし時間も縛られて効率が悪い」と考える方は多いと思います。
もちろん、時間も費用もかかることは間違いありません。
ただ 結果的に無駄な学びにお金も時間もかける方がリスクが高いという考えもあります。

コスパ・タイパ最適化の参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困ったときに、質問や相談できる相手がいるため挫折しなかった
  • ・プロとして必要なスキルのみを深く学べたので無駄がなかった
  • ・副業案件の提供と納品までのサポートがあったので目的を達成できた

安価・短期間で広く浅く学んでも意味がありません。 本当に自分の目的が達成できるか、それが重要です。
自分にどのスキルや学び方が合っているか、どんな学習方法かなど、お気軽に 無料相談 に参加してみませんか?

カウンセラー・現役のプロへ、何でも気軽に無料相談可能。 30分か60分お好きな時間が選べて、かつ3回まで すべて無料で ご利用できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら相談した方限定の割引・参加特典付き! 無料相談はこちら

監修してくれたメンター

メンターSさん

システムエンジニアとしてこれまで行政システムや医療用システムの保守、開発に携わりました。

JavaやPython、PHP、Kotlinなど様々な言語での開発経験があります。
TechAcademyではJavaコース、Pythonコース、AIコースなど7コースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも、Pythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できる、オンラインブートキャンプを開催しています。

また、現役エンジニアから学べる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

初心者・未経験でもできる。まずはテックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学で学習していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 学習に不安を抱えている方へ、マンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう カウンセラーやエンジニア・デザイナー があなたの相談に真摯に向き合います。

「自分に合っているか診断してほしい」
「漠然としているが話を聞いてみたい」

こんなささいな悩みでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料相談を予約する